理想通りの住宅

工事の鉄筋

注文住宅の歴史は、豊かさや生活の歴史といっても過言ではないでしょう。 終戦後、町が焼かれ人々が雨露をしのげる建物の建設が急務であったため、狭い簡易的な建物が多く建てられ、家族親戚大勢で住んでいました。その後、経済復興と共に急激に増大した中間層の夢は家族で済む家であり、住居不足を背景として多くの団地が出現することとなりました。一戸建てはまだ中間層には夢であり、注文住宅という言葉もまだありません。 その後、住宅建設法が整備されてからは、大規模な住宅建設が全国で始まり、大都市近郊には分譲地が造成されて、不動産と住宅産業が急成長を遂げました。住宅不足が解消されるとともに質より量が求められるようになり、それとともにデザイン性、インテリア、外構も発展してきました。注文住宅の誕生です。 こうして顧客のニーズに合った住宅が求められるようになり、ライフスタイルが多様化してくると、自分の生活や個性にあった家が求められるようになりました。注文住宅は単なる住環境ではなく、個性の1つとして見られる様になったのです。

注文住宅とは、一般的に一戸建て住宅を自分の好きな仕様で設計してもらうための発注形式となっており、画一的な仕様の建物とは違い、こだわった内容で注文することが出来ます。 注文住宅で住宅を建てた場合は、オリジナリティーがある一方で、売却する場合は、誰もが好むデザインにはならないため、想定した金額で売却できないデメリットも想定しておかなくてはなりません。 このように、資産価値の面でのリスクを少しでも抑えるためには、住宅性能表示制度を利用する方法があり、注文住宅を依頼する場合に、誰が見ても分かるような住宅性能をラベリングしておくと、資産価値を維持できる可能性は高くなります。注文住宅の設計段階では、耐震性や断熱性、防犯性や維持管理に関わる分野の性能を重視して設計してもらうことが資産価値を維持する上で重視なポイントとなります。